逗子市 学校法人づし学園 第二逗子幼稚園

逗子市 学校法人づし学園 第二逗子幼稚園

園について
園概要・アクセス
園概要
園名 学校法人づし学園 第二逗子幼稚園
理事長 森本 惠美
所在地 〒249-0001 神奈川県逗子市久木4-14-15
連絡先 TEL:046-871-3165
(受付時間9:00~16:30 ※土・日曜日を除きます)
FAX:046-872-2039
教職員数 教員7名・時間外保育教員1名・講師1名・事務員1名・バス運転手1名・バス添乗員1名
アクセス
  • 最寄駅

    JR横須賀線 逗子駅より徒歩15分
    京浜急行バス停 久木西小路下車徒歩3分

沿革
昭和23年4月 延命寺客殿の一部を改装し「逗子保育園」として開園
昭和24年4月 逗子幼稚園に改称
昭和24年12月 木造平屋建園舎竣工
昭和26年12月 学校法人づしでら学園設立認可
昭和29年6月 逗子幼稚園創立5周年記念事業として市内久木に第二逗子幼稚園開園
昭和45年12月 逗子幼稚園鉄筋二階建て新園舎竣工
平成11年 逗子幼稚園創立50周年
平成15年 学園名をづし学園に改称
施設について
  • 園舎(正面)

  • 玄関

  • 下駄箱

  • 中庭

  • 園庭

  • 園庭

  • 保育室

  • 保育室

安全衛生の取り組み
  • 園生活における安心・安全について

    東日本大震災の津波の高さ、その直後に発生した原子力発電所の被災による放射能漏れ、また平成28年熊本地震は、平穏な日常生活がひとたび天災(自然災害)が発生すると、いとも簡単に崩れ去る怖さを私たちに知らしめました。 今後も地震、津波、台風など自然災害の発生を人知で防ぐことは不可能です。
    しかし「備えあれば憂いなし」と言われるように、天災又は事故は十分な備えがあることにより、防ぐことはできなくても被害を最小限にとどめることが可能です。幼稚園では日ごろの避難訓練、建物の安全管理に加え、過去の災害を教訓に下記の点について一層強化を図っています。

  • 避難訓練の強化

    ・地震、火災発生を想定した避難訓練(年数回、園児と教職員)
    ・津波発生を想定した避難訓練(年数回、園児と教職員)
    ・園児引き渡し訓練(年1回、園児と保護者)

  • 園舎、園庭の安心・安全の強化

    ◎園舎の耐震化の強化
    ◎園舎ガラス窓への飛散防止フィルム加工
    ◎AED(自動体外式除細動器)の設置
    ◎株式会社アルソック(綜合警備保障)による園舎警備並びに通報システム設置
    ◎幼稚園110番緊急非常通報装置の設置
    これは神奈川県警に直結する緊急非常通報装置で、通報ボタンを押すと最寄りのパトカーが数分で駆けつけます。